噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

全ての歯を失った方、または重度の歯周病や虫歯で多くの歯を失った方へ吉本歯科医院の総入れ歯治療をご提供しております。当院の総入れ歯治療の特徴は「外れにくい」「噛める」「違和感の少ない」「自然な見た目」といったお悩みを解消するための超精密義歯(総入れ歯)です。咬み合わせ専門の院長が、信頼のおける歯科技工士と提携し患者さまに合った完全オーダーメイトの総入れ歯治療に取り組んでおります。重度の歯周病で多くの歯を失ってしまった方、インプラントをしたくても骨が少なくてできないと断れらた方、何度作り替えても入れ歯は合わなくて困っているという方はまずはお気軽にご相談下さい。

総入れ歯治療のこだわり①咬み合わせ専門歯科医師

高松市の入れ歯専門歯科|目立たない入れ歯、噛める入れ歯なら吉本歯科医院

何度作り直しても総入れ歯が合わなくて痛くなる。一体どうすれば総入れ歯がどうすれば上手くいくのか?多くの総入れ歯を使われている方が体験されているお悩みかと思います。

それは「外れない動かない総入れ歯」を完成させること、なのです。

総入れ歯を作った時、作ってすぐはお口にピタリ合っている場合もあります。しかし時間がたつにつれ「総入れ歯が口の中で動いて噛めない」「外れやすい」「ガタガタする」と言ったことが起こります。

総入れ歯でもっと重要なのは実は「咬み合わせ」です。

普通、「良い噛み合わせにする」と言うと、ほとんどの方が「まあ、矯正治療かな」「歯並びかな」って思われています。または前歯がまっすぐ、上と下の歯が綺麗に並んで、そんなイメージをされるかもしれません。私ども吉本歯科医院では、いわゆる「見た目が良い歯並び」ではなく、「本当 に良い噛み合わせとは何なのか?」という事を全身のバランスという視点で考 えており、開業以来「お口のこと」でお悩みの患者さまの治療にあたっております。

治療のこだわり②治療用装置(リハビリ用義歯)

噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

超精密義歯を作製するにあたって、吉本歯科医院では治療用装置を含めて2個ないし、3個作ります。

例えば、私たちが車を購入する時を想像して下さい。

基本装備のついた車にまず試乗します。

そして自分にとって使いやすく快適にする為に、いろいろとオプションをつけていくシステムがありますよね?

噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

この考え方を吉本歯科医院では総入れ歯作りに取り入れています。

まず、「治療用義歯」という、治療用の総入れ歯をまず作成します。

リハビリしながら育てる

実際にその総入れ歯を使っていただきながら、力が加わっても痛くない歯ぐきに育てていきます。

歯ぐきを押さえても痛くない状態にしてから正式な総入れ歯用の型を採ります。

いきなり正式な総入れ歯を作るのではなく、治療用の総入れ歯で調整を重ねることで、長く快適に使っていただくための微調整が精密にすることができます。

保険治療の総入れ歯では、このような概念はまったくありません。

せっかく総入れ歯を作ったけれど

「総入れ歯が合わなくて痛くなってきた」「異物感がひどい」「入れ歯が外れてしまう」というお悩みを抱えご相談にお越しになる患者さんは非常に多いです。

どうしてそんなことになってしまうのか?

それはいきなり本番の入れ歯(本義歯)を入れてしまうからそうなってしまうのです。

私たちの口は「食べる」「しゃべる」という動きをする器官です。

歯がなくなったからといったといって単純に歯型を採り、型通りの入れ歯装置を作って口に入れただけでいきなり今までのような「話す」「噛む」といった「動き」をすることはできないのです。

吉本歯科医院の超精密入れ歯の大きな特徴である「リハビリ用装置」があります。最終的な総入れ歯を作る前にまずはリハビリ用の入れ歯(治療義歯)を作るのです。

長い間、合わない入れ歯を使っていたり、歯を失ったまま放置していると、噛み合せの位置・顎間接・お口の周りの筋肉、そして舌の位置などがズレています。

リハビリ用の装置をまずは使いながら「合わない」「痛い」「噛みづらい」「ズレやすい」といった箇所の調整を重ね、正しい噛み合わせの位置を探します。

最終的に患者さまが満足のいくレベルに仕上がったら、リハビリ義歯とまったく同じ形状の本義歯を、本番の材料を使って作り直して完成となります。

歯茎にピッタリくっつく総入れ歯

超精密入れ歯は歯茎にぴったりくっつきます。

まず、総入れ歯になるとCMでもよく紹介されていますが、「かならず入れ歯安定剤」を使わないといけない」と思っておられる方が非常に多いのですが、きちんとした総入れ歯には、そういった安定剤は本来必要ありません。

噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

総入れ歯が歯肉に引っ付く原理は、丁度水滴のついたお風呂の壁にプラスチックの下敷きが張り付くのと同じ原理です。

お風呂の壁に張り付いたこの下敷きは、はがそうと思っても簡単にはがれない程、吸盤のように引っ付いています。

簡単に言えば、このお風呂の壁が歯肉で、下敷きが入れ歯と思ってください。

お風呂の壁に下敷きがいくら引っ付くと言っても、下敷きが反っていたりしては引っ付きません。

縁から空気が入ってしまうような精度だと引っ付かないわけです。

総入れ歯は精度が重要

入れ歯も同じで、寸法精度が悪い入れ歯は、そもそも引っ付かないということです。

吉本歯科医院の義歯の製作は、非常に手間がかかる方法で、大量生産はできないのですが、吸盤のように引っ付く総入れ歯を作製することができます。

これに比べ、一般的な総入れ歯の製作方法では、噛まなければ精密ですが、噛んだとたん精密ではなく歯茎の形がはじめから歪んでしまって、総入れ歯と歯肉の隙間から空気が入って外れやすい総入れ歯ができるため、当然「入れ歯安定剤」が必要になってきます。

超精密義歯ハイ・クオリティ・デンチャー正しい使い方をしていただければ、痛みが少ないです。そして装置が外れにくいです。

もちろん噛んではいけない部分、骨による裏打ちがない部分でも噛もうとすると装置が転覆してしまい外れてしまいます。

一度でも入れ歯を体験された方は、「入れ歯は痛いもの」とほとんどの方が思っていらっしゃいます。

通常の入れ歯は「痛い、合わない、噛めない」は当たり前ですが超精密入れ歯は違和感がありますが痛くなく、正しい位置では、きちんと噛めます。
なぜ痛みがあるのか?

ということですが、精密でない、合わない総入れ歯を入れている場合は、痛みがないほうがおかしいのです。

ではどうすれば痛くない総入れ歯を作る事ができるか?

精密な総入れ歯の成形と、総入れ歯の調整の結果得られる、きちんとした「噛み合わせ」により、痛くない総入れ歯が完成します。

来院される患者さまのほとんどが総入れ歯は「噛めるもの、合うもの」と思っていらっしゃいます。

総入れ歯は、これはどこの歯医者さんでぴったり合わせて作ってもらったとしても、必ずすぐに歯茎や骨が変形して合わなくなります。入れ歯が合わなくなる理由

歯科医院で総入れ歯を作ってもらってすぐ口に入れた瞬間はぴたりと合っているんです。しかし、自宅に帰り食事をする時に、ものを噛んだ瞬間に合わなくなってしまいます。

なぜこういうことが起こるかというと、総入れ歯は「歯茎」という肉の上に乗っけているだけですので噛んで力を加えてしまうと途端に肉や骨が変形してしまうのです。

入れ歯がどうして合わなくなるのか?動画で詳しくお話していますのでご覧ください。

歯茎のリハビリが必要

通常、総入れ歯は作製期間に一ヶ月近くかかります。

患者さんのお口の型通りに型を取ったとしても、その一ヶ月のうちで歯茎の状態は全く変っていますので、当然「合わない」ということが起こるのです。

今まで体に合わない総入れ歯に、むりやり体を合わせて咬んでいたわけですから、歯茎のリハビリが絶対に必要なのです。

このリハビリに用いるのが「治療用装置(治療用総義歯)」です。

噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

吉本歯科医院でいう「1個目の治療用装置(総入れ歯)」になります。

そして、治療用装置でもってしばらく歯茎を安定した状態すなわち沈みやすい部分を沈みにくい状態にリハビリをした上で「2個目として本総義歯」を作製を開始します。

長年、池だったところに、家を建てる場合の地盤改良だとイメージしていただければ解り易いかもしれません。

超精密入れ歯は沈みにくい部分が多く、咬んでも沈まないので痛くない、ということが起こるのです。

治療のこだわり③念入りな型取り

目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

総入れ歯治療は、型採りが非常に重要です。あらゆる歯科治療で被せ物などを作る時も同じです。この工程を簡単に済ませてしまうかきちんとしておくかで、長く使う総入れ歯の使用感が全く変わってきます。型取りには高度な技術が必要です。型取りの精度が低ければ出来上がってくるものの精度も低くなるのは当然です。

治療のこだわり④特殊なプレス機械

噛める総入れ歯なら咬み合わせ専門歯科|高松市の吉本歯科医院

総入れ歯をプレスする作業では、より精密に総入れ歯を作るために、特殊な機械を使い通常以上の重量をかけプレスします。この作業をきめ細やかに行うことにより、心底納得のいく、患者様のお口に合う総入れ歯が完成します。

精密入れ歯テレスコープ

超精密義歯ハイクオリティ―デンチャー

目立たない部分入れ歯