目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

保険の入れ歯と精密入れ歯の違い

「保険の入れ歯と自費の精密入れ歯は、何が違うの?」「材料の違い?」そのようにお考えの方も多いのではないでしょうか。

保険と自費の精密入れ歯には、実は圧倒的な違いがあります。それぞれの特徴や、具体的なメリットやデメリットをご説明します。

入れ歯の比較


 
保険の入れ歯自費の精密入れ歯
入れ歯の違和感違和感が強い違和感が少ない
密着度(外れやすさ)外れやすい外れにくい
噛み合せ不具合が起こる噛み合わせを正しくできる
見た目(部分入れ歯)金属の金具が目立つ金属の金具なし
または金属が目立たない
見た目(総入れ歯)素材が保険で限られているので
不自然
自然の歯や歯ぐきの色に近い
発音発音しづらい発音しやすい
耐久性変形が起こるため調整・作り替えが必要長く使える
ノンクラスプデンチャーは例外)

一般的な保険の入れ歯というものは、プラスチック素材で作られています。そのためどうしても厚みがあり口の中に装着すると違和感が強くなります。保険の入れ歯は作製方法や材料が定めれてていますのでその方にピッタリ合った入れ歯を作ることが難しく密着度はやや弱くなり外れやすくなります。

これに対し自費の精密入れ歯は、個人トレーやリハビリ用入れ歯(治療用偽義歯)の使用など、密着性・安定性を高めるために患者さまに合わせて自由に工程を増やして作製することができます。精密な型取り、理想的な咬み合わせを考慮した作製方法で、見た目はもちろんお食事やおしゃべりに困らない、外れにくい入れ歯を作製することができます。入れ歯の材料も自由に選ぶことができるため豊富な素材の中から患者様の望む口元に合わせて適切なものを厳選して見た目にも自然な入れ歯をご提供できます。

入れ歯の作り方の違い

大きな違いは、咬み合わせを専門に勉強してきた歯科医師、そして製作する歯科技工士の知識の違いです。保険の入れ歯は、いわば最低限の作業工程しかないため、早くお渡しすることが可能です。しかし、あくまでも「最低限」ですので「快適」だったり「安全」だったりするものではありません。

自費の精密入れ歯は、患者様の今お困りのお悩みを事前にしっかりと診断し、「食べる・話す」といった機能面、「見た目」という審美面、そして「咬み合わせ」から引き起こす全身の健康まで考慮して入れ歯を作製していくため時間と費用がかかります。ただ、時間をかけた分、本当に自分のお口に合った入れ歯を手に入れることができます。

 保険の入れ歯自費の精密入れ歯
型取りの方法既成品のトレーを使用患者様専用の個人トレーを使用
型取り方法(材料)アルジネート印象剤で型を取る
精密で変形の少ないシリコン印象剤で型を取る
素材(歯の部分)歯科用プラスチック
(色が変色・形は変形する)
セラミックを中心に
豊富な種類から選択可能
素材(歯ぐき部分)歯科用プラスチック
(色が変色・形は変形する)
シリコンや金属プレートなど
豊富な種類から選択可能
治療期間短い時間がかかる

入れ歯の設計の違い

目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

患者さまのお口の状態はお一人お一人みな違います。 骨のあるなし、歯の神経が残っているのか既にないのか、残っている歯の本数、咬み合わせの位置などにみな違います。しかし保険治療では決められたルールの中でしか入れ歯を作ることができまません。保険の入れ歯の最大の長所は費用が安いという点です。しかし、使える材料が決まっていたり作る過程に制限があったりと、できることが非常に限られてしまいます。現在の日本の保険の入れ歯を作る目的は「最低限の原状回復」です。しかし「最低限の原状回復」で満足される患者さまは、実際には少ないのが現状です。「入れ歯を入れていることを他の人にバレたくない」「違和感がない入れ歯を作って欲しい」「好きなものを思い切り食べられる入れ歯が欲しい」「人前で外れない入れ歯が欲しい」といった、人としてより生活の質を高めるようなするような入れ歯を作製するには現在の日本の保険制度では難しいのです。

「完全オーダーメイド」の自費の入れ歯

自費の行う精密入れ歯治療は、患者様お一人のための完全オーダーメイドの入れ歯です。保険の制約を受けないため製作の工程にも制限なく、材質も最善のものを選択することfができます。手間をかけ患者様おひとりに合った精密な入れ歯をお作りすることが可能です。豊富な材質を選べることによりより自然で違和感のない色調が実現します。耐久性も考慮し、長く使えることができます。他人から見ても目立たない自然な入れ歯、金属が目立たない入れ歯、厚みを薄くした違和感の少ない入れ歯、固定して外れない入れ歯など、さまざまな種類の中から、患者さまのお望み合わせて自由にお選びいただくことができるのです。

精密入れ歯製作に費やす時間の違い

保険の入れ歯は、歯科技工所での大量生産です。きるだけコストを下げるために材料はなるべくリーズナブルなもので製作をします。

治療初回に歯肉の型を取り、型に石膏を流し込み歯型の模型を作ります。ほとんどの歯科医院ではこのモケイを歯科技工所に送ります。
送られた歯科技工所には毎日、何百医院からの同じようなモケイが送られてきます。そして納期に間に合わせるように流れ作業のように製作されます。

その歯型の模型の上、その患者さんのかみ合わせを記録したモノを作ります。これを「咬合床」と言います。医院に送られ噛み合わせの高さを記録します。
またこの咬合床を歯科技工所に送ります。ですので、咬合床が出来上がるまでに最低1週間から2週間は、かかってしまいます。

このように何度も何度もモケイが医院と歯科技工所の間を行き来するのです。
まず第一の問題として、一番最初に型をとった歯茎は、その2週間から3週間の間に形がすっかり変形してしまっているということも多いです。

そのとき、入れ歯を製作する歯科技工士は患者さまの姿を見ることなく、流れ作業のように作ります。当院の精密入れ歯は、製作時間は長くなりますが、患者さまの治療に毎回立会い、ひとつひとつ精密に合わせていきます。

かみ合わせのバランスを考えた入れ歯治療

入れ歯治療だけでなく歯の治療で最も重要なのは咬み合わせです。しかし、咬み合わせをキチンとすることを保険の入れ歯は、かみ合わせを合わせるのに時間がかかりますが、当院の入れ歯は、患者さまが本来持っているかみ合わせのバランスを記録しピッタリと決めるため、左右が均等であり、一緒にかみ合うことができます。
かみ合わせは、患者さまが意識することは難しいため、咬合器という機械を用いてそれぞれの患者さまに最適なかみ合わせをご提供いたします。

自費の精密入れ歯治療をおすすめする理由

多くの方は保険の入れ歯を作ってから何度も作り替えが必要になります。「保険治療だから、合わなければ何度でも作り直せば良い」と思われるかもしれません。しかし、作り直しを繰り返しているうちにあなたの大事な時間も失っていきます。また、調整したり作り直しをしてもまたすぐに合わなくなるという負のスパイラルが待っています。保険の入れ歯では本当に患者さまにとって良い治療を受けて頂きたいと考えても残念ながら保険のルールのためにできない事の方が圧倒的に多くなってしまいます。「こうしたらもっと隙間なく外れない入れ歯にできるのに「もっと噛める入れ歯が作れるのにできない」と思うことばかりです。

たとえ歯を失ったとしても、歯のことを気にしないような快適な生活を過ごしていただきたい。そのような生活を患者様にご提供するのが吉本歯科医院の診療方針です。正しく噛める入れ歯を入れることは、実は全身の健康と繋がっています。きちんと噛むことができることにより、健康な食生活が送れさまざまな病気のリスクも減らすことができます。歯を失ったとしてもお口にきちんと合う入れ歯で、今まで通り美味しい食事をして頂き、人とのコミュニケーションを楽しめる毎日を過ごして頂きたいと思います。今、入れ歯でお悩みの方は、ぜひ一度お気軽にご相談ください。

入れ歯をお考えの方へ

入れ歯をお考えの方へ
入れ歯の種類
保険の入れ歯と当院の入れ歯の違い
入れ歯とインプラントの違い
ブリッジで治療ができないと言われた方へ
若い方の入れ歯について
自由にデザインできる精密総入れ歯

目立たない入れ歯 ドイツ式入れ歯 テレスコープ義歯 コーヌス義歯なら香川県 高松市 吉本歯科医院