目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

ノンクラスプデンチャー
(スマイルデンチャー、パルブラスト、ミラクルデンチャー、スマートデンチャーなど呼ばれる)

ノンクラスプのノンは「無い」、クラスプとは「バネ」の意味、つまりノンクラスプデンチャーは、バネのない入れ歯のことです。今までの部分入れ歯には、保険で作る部分入れ歯は必ず金属のバネがついており、笑った時に金属のバネが見えてしまいます。そこで金属バネの代わりに、歯ぐきの色に似た樹脂を使って外れないようにしたのが、ノンクラスプデンチャーです。金属のバネがないため笑った時に入れ歯と気付かれない、目立たない部分入れ歯です。部分入れ歯の悩みを大幅に改善できる入れ歯です。

■メリット■
・クラスプという金属のバネがないので人から見える位置に入れ歯をつけても目立ちにくく審美的に優れています。
・保険適用の入れ歯と違い柔軟性があるので装着感は向上します。
・金属のバネで引っ掛ける必要がないためご自分の歯を削る必要がありません。

デメリット■
・強度はそこまで高くないので、噛み合わせによっては壊れやすいです。
・歯にひっかける、ピンク色支えは、金属のクラスプ同様に歯を揺らし抜歯の原因となります。
・樹脂性のため柔らかさがあり、経年的に入れ歯の維持する力が緩くなります。
・壊れた時の修理・調整が困難です。