目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

歯を失った際に必要となる歯科治療が、入れ歯やインプラント治療です。しかし、治療名を聞いたことがあっても、具体的にどのような点が違うのか?なかなかわかりにくいかと思います。入れ歯とインプラント治療の違いについてお話します。

入れ歯とインプラントの違い

入れ歯とインプラントの違いについてお話します。入れ歯治療・インプラント治療ともにそれぞれにメリット・デメリットがあります。大きな違いとしては下記となります。

①手術が必要かどうか
②保険適用の有無
③治療に必要な期間
④処置後のお手入れ方法

①インプラントは手術が必要

最も大きな違いとしては外科的な手術が必要かどうかです。インプラント治療の場合、インプラントというネジを顎骨に埋め込むための手術が必要となります。

一方、入れ歯治療の場合、特に手術は必要ありません。

また、インプラント治療の場合、インプラントを顎骨にしっかり固定する必要があります。そのため歯周病や骨粗しょう症などにより顎の骨の面積が不十分(骨が少ない)場合にはインプラント治療ができないケースもあります。(※オールオン4Ⓡインプラントという治療なら骨がない場合でも可能なケースがあります)

②インプラントは自費治療、入れ歯は保険適用可能

費用面でも入れ歯治療とインプラント治療には違いがあります。インプラント治療の場合、自費診療なので全額患者さんの負担となります。入れ歯治療の場合は、保険適用による入れ歯と自費による入れ歯の両方が存在します。保険の入れ歯の場合、約5,000円から入れ歯を作ることが可能なので、予算と希望に合わせて入れ歯を選ぶことができます。

③治療に必要な期間

入れ歯治療とインプラント治療では、処置に必要な期間に違いがあります。入れ歯治療の場合、保険での入れ歯であれば約1か月~2か月で入れ歯が完成します。自費の精密入れ歯の場合には長くかかることがあります。インプラント治療の場合、処置を行う場所や顎骨の状態によっても異なりますが、治療完了までに約3か月~1年ほどの期間が必要になります。

④お手入れの方法

処置後のお手入れ方法も異なります。入れ歯治療の場合は、口腔内から入れ歯を取り出し、入れ歯専用のブラシと洗浄剤でのお手入れをする必要があります。インプラント治療では、普通の歯と同じように歯磨きや歯間ブラシでのブラッシングによるお手入れになります。

大きな違い

●入れ歯・・・足りない歯を表面的に補うもので、歯の根っこの部分まで補うことはありません。残っている歯を利用して入れ歯を支えるため、外科的な治療はありません
●インプラント・・・顎の骨に金属の土台を埋めこみ、その上にかぶせものをして歯を補います。骨に埋め込む際に、外科的治療が必要です

入れ歯とインプラントの大きな違いは「人工歯根がないか・あるか」という点です。

当医院では、患者さまの歯の状態や骨の状態、また健康状態に合わせて入れ歯かインプラントを選択させていただいております。少ない本数の歯を失った場合は、インプラントをお勧めする事も多くありますが、沢山の歯を失ってしまった方には、入れ歯の方が将来的に残っている歯を守る事ができる場合もあります。

入れ歯をお考えの方へ

入れ歯をお考えの方へ
入れ歯の種類
保険の入れ歯と当院の入れ歯の違い
入れ歯とインプラントの違い
ブリッジで治療ができないと言われた方へ
若い方の入れ歯について
自由にデザインできる精密総入れ歯

目立たない入れ歯 ドイツ式入れ歯 テレスコープ義歯 コーヌス義歯なら香川県 高松市 吉本歯科医院