日本補綴歯科学会 専門医 指導医による入れ歯専門治療

高松市の入れ歯専門歯科|目立たない入れ歯、噛める入れ歯なら吉本歯科医院

吉本歯科医院の院長、吉本彰夫は日本補綴歯科学会専門医制度の専門医と指導医に認定されている歯科医師です。「補綴(ほてつ)歯科」とは見た目や被せ物を入れ歯など人工の歯で補う分野を指します。吉本歯科医院は開業以来「咬み合わせ」を専門とした歯科医院として治療を行ってまいりました。今ではかなり認知して頂けるようになってきました。

入れ歯治療で最も重要なのは「咬み合わせ」

入れ歯でもっとも重要なことは実は「咬み合わせ」です。吉本歯科医院は入れ歯装置を用いて咬みあわせの治療を行うことができる専門の歯科医院です。当院には「今回はじめて入れ歯を作る」という患者様もいらっしゃいますが、8割は他医院で過去に入れ歯を作ってきたがどうしても合わない、噛めるようにならないという患者様です。中には家が一軒建つほど自費の入れ歯を作り替えてこられたという患者様もいらっしゃいます。

吉本歯科医院の最大の入れ歯の特徴は「入れ歯装置を使って咬み合わせをキチンと整える治療を行う」ということにあります。私が開業した当時は「咬み合わせ」という言葉さえ聞いたことがないという時代でした。また大学でも咬み合わせについてはきちんとは教えない。上の歯と下の歯をカチカチと合わせてみてちゃんと合ってるのが「咬み合わせかな?」程度の認識です。

入れ歯だけでなくあらゆる歯科治療を行う上でも最も重要なのは「噛み合わせ」です。

奥歯は大黒柱

目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

私たちの口の中には親知らず上下4本を除くと28本の歯があります。28本もあるんだから1本くらい抜けても大丈夫でしょう?と思われる方は非常に多いです。

しかし実は奥歯1本を失うだけで噛む力は大きく低下します。

歯にはそれぞれ1本1本役割が違います。奥歯は大黒柱のような役目をします。

奥歯の歯の根をご覧になったことがあるでしょうか?

奥歯はこのように足が3本しっかりあるんですね。しかし、前歯には足が1本しかありません。

目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

奥歯から抜けていく

多くの方は奥歯から歯を失っていきます。

奥歯はいわゆる6番目7番目の歯という言い方をします。そのうちの1本は6歳臼歯といい6歳頃に生えてくる歯のことです。

この奥歯ものすごい役割をします。家で言うと大黒柱。家庭で言うと一家の稼ぎ頭。お父さんです。

奥歯は自力で支えることができる構造になっています。

これに対して前歯は、根っこは1本しかありません。ですのでもともと力を支えるような構造にはなっていないんですね。

奥歯を失うと噛む力は大きく低下します。しかし、奥歯を失っても今まで通り普通に噛んでしまいます。

そうなるとどんどんその負担は他の歯にやってきます。そうやって奥歯を失うとドミノ倒しのように他の歯に負担がかかり

ダメになっていくわけです。

どこの歯を失ったのか?何本失ったのか?によって選ぶ治療法は変わってくるのです。

目立たない入れ歯なら精密義歯|咬み合わせ専門歯科 高松市の吉本歯科医院

咬み合わせをきちんとする入れ歯治療

いろいろな症状がありますが、歯を失ってしまった大きな原因にこの「噛み合わせ」のバランスの悪さがあります。
例えば、なぜ「虫歯ができやすい」ことと「噛み合わせの悪さ」が関係するのかと申しますと、噛み合わせが悪い、つまり歯が正常に並んでいないので、その歯並びの悪い部分には当然虫歯菌が溜まりやすく、いつもバイキンが住み着いている状態になっています。
ですので、噛み合わせの悪い方のお口の中は虫歯でいっぱい、ということがよくあります。

また、前歯が折れた、ということと噛み合わせの悪さとの関係は、前歯が折れた、ということは、折れる前からもう既に折れやすい状態だった、ということが言えます。歯は28本が正常に並んで始めてバランスを保っています。
その中でどこかの噛み合わせのバランスが崩れると、前歯が本来耐えうる噛む力以上の負荷がかかって噛んでいることになります。
ですので、日々の咬む力で少しずつ、前歯は折れやすい状態になっていっており、少しの衝撃や少しの咬む力である日突然折れてしまいます。正常な歯並びであれば前歯はそうそう簡単に折れることはありません。

全ての治療において、吉本歯科医院では「かみ合わせのバランスが歯科の治療には最も大切である」と考えています。

ただ、噛み合わせの重要さは知識で理解はしてはいるけれど、実際に患者さまの噛み合わせのバランスを正常に戻すことができる歯科医師はほんの少数だと思われます。

また、こういった歯科におけるきちんとした技工物を作製できる歯科技工士もほんの少数なのではないでしょうか。

どうして吉本歯科医院の歯科治療は、患者さまにとって最善の治療を提供できるのか、という理由は、「噛み合わせのバランスを正常にする」という大原則に基づいてすべての治療を行っているからです。

歯科の治療といえば、悪い部分だけを治す、または美しく見せる、ということがあまりにも最終目的とされているように思います。

しかし、かみ合わせは体全体のバランスを取る要となっていると言っても過言ではありません。
咬み合わせの悪さひとつで、体のバランスは面白いほど崩れていきます。
また噛み合わせのバランスを正常に戻すだけでまっすぐ歩けなかった人がまっすぐに歩けたりもするのです。

そういった意味で、私たち歯科医師は、お口の中で起こっていることを通して患者さまの体全体を「診る」といった視点が絶対に必要です。

吉本歯科医院ではあらゆる治療にこの考え方が基本としてあります。